蝸牛型メニエール病の原因や症状について

蝸牛型メニエール病の原因や症状について

蝸牛型メニエール病の原因や症状について

メニエール病というのは、30代後半〜40代前半の人が特に発祥しやすいといわれています。しかし、高齢者でもメニエール病に悩んでいるという人も多いです。メニエール病の一つとである蝸牛型メニエール病というのは、どのような症状や治療法があるの課などについてお話をしていきたいと思います。

 

どんな症状がある?

 

高音の耳鳴りを感じるようになったり、低周波の音が聞こえにくくなってしまうという症状が特徴になっているのが蝸牛型メニエール病です。この他にも音が正常に聞こえずにノイズが入っているように聞こえたり、耳に何かが詰まっているような間隔があるというのも症状として挙げられます。低音の周波数の音が聞こえにくくなってしまうため、低音障害型感音難聴に似ている症状になっているため、カタツムリ型メニエール病と診断されないということもあるのです。

 

なおメニエール病というと回転性めまいの症状が代表的なのですが、蝸牛型メニエール病は、回転性めまいの症状が起きることは稀です。しかし、治療をせずにそのままにしてしまうと症状も進行してしまって、深刻な難聴になってしまうこともあります。ですから、ちゃんと治療をして、症状が悪くならないようにしていきましょう。

 

蝸牛といわれる器官が内耳にあるのですが、リンパ液が蝸牛にたまってしまうことで、正常に機能しなくなってしまい、低音の音がはっきりと聞こえなくなってしまったり、反対に高音の音が聞こえすぎてしまったりするということが原因になっているとされています。また、この蝸牛型メニエール病を放置してしまっているとメニエール病に発展をしまうこともありますので、進行しない間に治療を開始したいところです。

 

通常のメニエール病になってしまうと、回転性めまいや吐き気などの症状も出てしまいますから、長期的に治療を受けるようにしなくてはならなくなってしまいますし、治療をしても完全に治る可能性も低くなります。蝸牛型メニエール病も一般のメニエール病と同じく、体を休ませつつ処方箋を服用しながら治療を行うことになります。

copyright 2017 メニエール病は完治するのか?原因と対策など All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。