前庭型メニエール病の症状や原因について

前庭型メニエール病の症状や原因について

前庭型メニエール病の症状や原因について

メニエール病の一種である前庭型メニエール病といわれる病気もあります。

 

前庭型メニエール病はどんな症状がある?
蝸牛型メニエール病の場合は、耳鳴りや難聴のような症状が出ることが多いのですが、前庭型メニエール病の場合は、かなりひどい回転性めまいの症状が起きてしまうという点が特徴になっています。

 

活動期だけ回転性めまいの症状が出るのではなく、非活動期は浮遊感を感じるようなめまいや回転ではなく横向きにゆれているような同様製めまいの症状が出てしまうこともあります。一日のうちに何回もめまいの症状が出てしまうということが多くなっており、相当なストレスを感じるようになりやすいです。

 

そして、このストレスによって自律神経失調症によるめまいの症状まで出てくるようになってしまう場合もあるのです。他のメニエール病の症状とは違って、前庭型メニエール病の場合はめまいの症状だけが現れます。ですから、一昔前はメニエール病ではなく、他の病気の症状が出てしまっているのだと考えられていましたが、最近は前庭型メニエール病なのかを検査で亜判断することが可能になっています。

 

さらに回転性めまいの症状があっても、半規管麻痺検査などでリンパ水腫になっていなかったり、めまいの症状が出てしまう期間が三井j書くなっているのであれば、他の病気だと判断されることになります。

 

蝸牛型メニエール病の場合、内リンパ水腫が出来ていることが検査でわかるようになっていますから、診断されやすくなっているのですが、この前庭型メニエール病の場合はリンパ水腫が検査でも発見されない事例が多いです。ですから、病院で検査をしてもらっても、前庭型メニエール病が見逃されてしまうということもまだ多いのが実情です。

 

なお、蝸牛型メニエール病の場合、進行してしまうことで一般がためにエール病になってしまうということもあるのですが、前庭型メニエール病の場合は一般がためにエール病にシフトされる事例は多くありません。また、蝸牛型メニエール病の場合、ちゃんと治療をしなければ進行してしまう可能性も高くなってしまうのですが、前庭型メニエール病だとこのような事例は少なくなっています。

 

ただし、前庭型メニエール病の場合も、早期治療をすることによって完治させることも可能ですから、早めに病院で診察してもらい、前庭型メニエール病担っているのであればすぐに治療をスタートさせた方が良いでしょう。

copyright 2017 メニエール病は完治するのか?原因と対策など All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。