会社にメニエール病だと伝えるべき?

会社にメニエール病だと伝えるべき?

会社にメニエール病だと伝えるべき?

メニエール病と診断されたのであれば、仕事を続けることが出来なくなってしまうのではないかという不安を感じる人もいるでしょう。会社に内緒にしておくのではなく、ちゃんと報告をしてメニエール病のことを理解してもらうことが重要です。メニエール病の症状が出てしまった場合、仕事を無理してするのではなく、しばらく休むようにしなくてはならないのですから、会社の理解は不可欠です。

 

では、会社でどのように対策をしていけばいいのでしょうか?

 

会社に理解をしてもらう
会社に理解をしてもらわなくては、サボっていると思われてしまう可能性だってありますし、発作が出てしまったときにサポートをしてもらうことも出来ません。ですので、上司や同僚にメニエール病とはどのような病気七日などについてちゃんと説明をして理解をしてもらうようにしてください。

 

発作が起きたら数日くらいは残業をしない
発作がおさまったとしても、かなり体が弱くなってしまっていることが多いです。ですので、体調を整えるためにも、可能な限り発作から数日は残業をしないようにしましょう。また、運転をしたり高所での仕事があるのであれば、上司に相談をして対策を考えるようにした方が良いでしょう。そうしないと、事故の危険性もあります。

 

周りの人のサポートを受け入れる
メニエール病だと打ち明けてしまったら、どのような反応をされてしまうのか怖いという人もいます。このような場合、メニエール病だということが出来ないという人もいるのですが、仕事中に発作が出ないと言う保証はどこにもありませんし、もしも発作が出てしまったのであれば、サポートをしてもらわなくてはいけません。

 

昔とは違って、最近はメニエール病についても知られてきていますし、ちゃんとこちらからお願いをすれば、大体の人は受け入れてくれるでしょう。ですので、ちゃんと同僚たちにも伝えるようにして、もしものときにはサポートをしてもらうようにお願いをすることも大切です。

copyright 2017 メニエール病は完治するのか?原因と対策など All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。