紫外線対策で乾燥肌を予防

紫外線対策で乾燥肌を予防

紫外線対策で乾燥肌を予防

紫外線といえば、シミやそばかすができる原因の1つです。その紫外線対策として、日焼け止めクリームを塗ったり、日傘をさしたり、帽子を身につけたりと、さまざまな対策をしていることでしょう。その紫外線対策をすることで、乾燥肌の予防にもつながるのをご存じでしょうか?

 

紫外線は夏に多く浴びるイメージですが、冬でも私たちは紫外線を浴びているのです。そのため、冬に日傘などすることは難しいですが、冬でも日焼け止めクリームを塗ったほうが良いといえます。

 

日焼け止めクリームを塗らないで冬に外出したとします。そうなると、紫外線を浴びているばかりでなく、空気が乾燥しているので、肌も乾燥して、肌に負担がかかってしまいます。肌が日焼けをすると、肌から水分が逃げていって、肌は乾燥します。

 

つまり、紫外線によって日焼けをすると、シミやそばかすができる以外にも、乾燥肌になってしまうということです。その乾燥肌になるのを防ぐためには、添加物が一切含まれていない日焼け止めクリームがあるため、それらを利用すると良いでしょう。

 

また、肌に水分があると、紫外線を浴びてもダメージを少なくすることができます。そのため、日焼け止めクリームを体につける前に、水分を肌に補給することで、肌を乾燥から守る効果がアップします。日々の紫外線対策をしっかりとすることで、乾燥肌にもなりにくい肌になれるというわけです。

 

紫外線にはA波・B波・C波というものがあり、そのうちC波のほうは、私たちのもとにはあまり届きません。A波のほうは、私たちが日々浴びている紫外線のことで肌には良くありません。日焼け止めクリームの表示で良く目にするSPAはA波に対する数値のことで、SPFはB波に対する数値を表しています。そのため、日焼け止めクリームを選ぶときには、SPAやSPFの数値もチェックするようにしましょう。

copyright 2017 メニエール病は完治するのか?原因と対策など All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。